>  > もちろん最後も、みつ指に感激。

もちろん最後も、みつ指に感激。

仕事終わりにどうしてもソープに行きたくなり、クリトリススタル系にTELしまくるも、気になった女の子はみんな受付け終了…もうこうなったらと思い初の高級店へ行ってみることに。店の場所がよくわからず、TELで案内してもらい入店受付けはビジネスホテルのようにでかく「さすが高級店」と思いました。受付けで総額を支払い、待合室で用紙に記入。スタッフに「とくにこだわりがないようでしたら、女の子のお任せで3回戦になる。」と言われ、なるほど~と思っていると用紙に【即尺】を発見し思わずチェック。お茶を飲みながら10分ほど待って呼ばれました。平日の遅い時間だったので広い待合室はガラガラでした。入室まで親切丁寧に手をひかれて一緒階段をあがります。入室後はソファーに座り、高級ソープ嬢はもう一度みつ指でのご挨拶。なぜか初めて行ったヘルスのように緊張しました。その後はフルアシストで脱衣させてもらいます。大衆店とは違い、親切丁寧にそしてエロい。ソファーでタオルをかけられた状態で高級ソープ嬢も全裸へ。(ガーター着用がまたエキサイトする。)ついに即尺。高級店の醍醐味?かわかりませんが、初めてでした。しかもソファーに座りながら、向こうがM字でまたがり挿入です。かなり溜まっていたので5分ともたず発射……その後は体を洗ってもらい、お互い出身地の雑談で盛り上がります。バスタブでいちゃいちゃ…マットでいちゃいちゃ…マットでの挿入はなし。体をふいてベッドへ。攻め手にまわりまんべんなくいじります。いいかんじに下が潤ってきたあたりで、高級ソープ嬢から「がまんできない。えっちしてぇ」との声が。そこから正常位からバックで発射………最後に体を流して見送ってもらいました。もちろん最後も、みつ指です。

[ 2014-03-27 ]

カテゴリ: ソープ体験談