>  > 予測不能な動きに敢えなく撃沈

予測不能な動きに敢えなく撃沈

手を繋いで階段を上がり、ソープ嬢と2階のプレイルームへ入ります。軽く挨拶してバスルームの準備をしながら脱衣なのですが、せっかくなのでと女の子が脱がせっこをして、ブラジャー、パンティを脱がします。自分では小さいと言っていたおっぱいも形の良い美乳で推定Cカップですよ。下半身はほどよい肉付きで思わずおケツを何度も揉んでしまいました。それからバスルームへ行き、座って軽くボディー洗いの後、混浴で潜望鏡やパイズリを楽しみました。女の子がマットプレイの準備中にイソジンうがいを済ませ、いざマットへ・・。うつ伏せから全身リップですが、若いのにかなりベロ使いが凄いです。濃密というか、ゾクッと来るツボを心得ているのがよくわかります。仰向けになってからはフェラチオから私が大好きなシックスナインになり、舐め合いの中で逝きそうになりますがなんとかこらえ、カチカチになったちんぽにゴム着でインサートです。ローションのぬめりを活かした女の子の腰のグラインドでなすすべもなくザーメン大発射です。

[ 2015-05-18 ]

カテゴリ: ソープ体験談